2015年、新年のご挨拶。

New Year 2015

デザイナーって目的のためにモノを整理してヒトを誘導する仕組みを作る…これって牧羊犬とちょっと似てない?…などと思いつつ独立から3年経ってしまいました。

まだまだ「未」なワタクシではありますが、初心忘れず精進してまいります。
本年もよろしくお願い致します。

昨年は、大手ゲームメディアにも取り上げられるインディーゲームクリエイターの祭典『INDIE STREAM FES』、私の憧れのゲームディベロッパーである有限会社エムツーさまのウェブサイトなどのゲーム関連のお仕事、また、まだ公開されてないため公表できませんが、iOSアプリのロゴマークやUIデザインなど活動の幅が広がる嬉しい1年でした。

今年も、より一層アイデアの引き出しと技術を磨いてまいります。

最近制作したウェブサイト

この他にも外注さんから依頼されたウェブサイトやパッケージ、パンフレットなどもあるのですけど、とりいそぎ制作したウェブサイトを紹介です。

小豆温泉 南会津

下記2つはひとまずティザーサイトの立ち上げから、これからサイトの構築に入っていきます。

ラ・ムラーナ2 ウェブサイト

 

 

Worksを更新しました。

ちょっと作業の隙ができたので、3つほど事例を追加しました。
今のところ大きさウェブサイトのお仕事が2つ大詰めを迎えていてバタバタしてますが、それが終われば比較的空いてる…かも?

 

松戸市教育委員会様・大西泰斗先生からの依頼で、小学生高学年向けの英語の教材のパンフレットの編集とフォントの制作をさせて頂きました。

小学生の視点に立った、わかりやすく面白く学べるにはどうしたら良いか?というアイデアが詰まった教本です。
自分は表面上の作業しかしていませんが、教育委員会の方も大西先生もひとつひとつ頭を悩ませながら制作されているのがよくわかり、編集・フォントデザイン以外でもたくさん勉強させてもらった案件です。



前職よりお世話になっている。コーケン様のサプリメントブランドのマークをリニューアルしました。

品質の高さを感じさせ、サプリメントのスタンダード・王道であって欲しいという思いを込めました。
まだ、このデザインを使った商品は発売になっていませんが順次切り替えられていく予定です。



茨城県守谷市の税理士法人 WBC様のお仕事。

税理士事務所から法人への切り替えに合わせてマーク・ロゴを制作しました。

決定稿は、WBCのBを鳥に見立てたマーク。Businessを円滑に企業に幸せを運ぶ税理士法人というアイデアを気に入っていただきました。

スマートフォンのゲームを作りました。

Andoroidで遊べるミニゲーム「部長の印」を @Taigooo さんと一緒に作りました。
僕の担当は、例によって“見た目”の部分、タイトルロゴ、部長のキャラクター、アイコン・書類のデザインなどほとんどの部分を作らせてもらっています。

ゲームは「部長」になって「書類に次々とハンコを押していく」単純なものですが、押した後の書類を「めくる」必要があってこれが新しい、僕のお気に入りの部分です。

元々、@Taigoooさんがアホゲーという企画で作ったパソコンで遊べるものだったのですが「めくる動作をスマフォのフリックでしたら面白いですよね?」と、僕が声をかけてもらったのがきっかけでAndroidに移植。じゃあ絵は僕が描きます!と手を上げて出来上がったもの。スマフォで捺印・めくる作業は僕の予想通りとても相性がよくて、結構ムキになって遊んでしまう魅力があります。

この部長の印、自分にとってもプログラムの@Taigoooさんにとってもスマフォ初のゲームということもあり、色々荒削りな部分もあるかと思いますが、ぜひ遊んで感想をいただけたら嬉しいです。

Google Playで無料でダウンロードできます。

1/1追記 iPhoneやiPodTouchなどiOS機器でも遊べるようになりました!

部長の印スクリーンショット

金環日食

浦安からも無事に金環日食を観測。
雲が多く覚悟はしていましたが、意外にも曇りだからこそ…肉眼で、フィルタもなしでキレイな金環を見ることができました。

日食などが起こると、動物が異常行動…などよく言われますが、僕の身の回りの動物、猫・犬・カラスは平常運転。唯一いつもと違う行動してたのは人間だけでした。まぁ、せっかくのイベントは楽しまなくちゃ損ですから、目一杯異常行動すべきでしょう(良い意味で)。
浦安は6月、4年ぶりの三社祭が開催されるので、まだまだ異常行動(良い意味で←しつこい)が続きます。街中に提灯もぶら下げられ、いよいとテンションも上がって来ました。

「小田急のドラえもんラッピング電車」に見る野外広告の注意点

この( 特別電車「小田急F-Train」の車体ラッピングの終了について(2011/9/22) pdfファイル)件、ちょっと気になってTwitterでつぶやいたのですがブログにまとめておきます。

当該の方はもちろんご存知だとは思いますが、広告や看板を出す際は、所轄の自治体に確認のとることがたくさんあります。景観条例はもちろん、健康食品・健康サービスなどであればさらに薬事法・医師法などですね。
このルール自体にイイ・ワルイと言った話もあるとは思いますが、原則これで動いている以上準拠する、その上でできる事をするのが、企業としてのお約束事ではないでしょうか。

こういった場合の対処として、グレーなものは予め自治体に確認をとり「担当者のお墨付きをもらう」保険をかけることが大事です。今回、担当の方が申請しなかった理由に「文字が入ってないから広告に当たらないと判断した」とありますが、こういった理由があるなら余計に確認をとっておくべきです。自治体は、前例を作るとなし崩し的にOKをださなくてはいけなくなるから、確認をされていない場合、NGを出さざるをえない…これが今回の指摘ですよね、多分。

(まぁ、今回の場合、ドラえもんという巨大なコンテンツを扱い、クリエイターに依頼し、出来たものに対して修正を依頼しにくい…という担当さんの個人的な感情と立場もあったのかもしれませんねぇ・・・)

自治体の担当者も人間ですので、条例に対してどう判断するかいろいろあります。NGかもしれませんし、条件付きOKが出る場合もありますし、一緒に妥協点を探してもらうというのも広告担当者の仕事です。

こういった面倒くさいやりとりを何回もしたことありますが(クライアントに折衝はしていただきましたが)、担当のOKもらえれば胸をはって出せるわけですし、公共性の高いキャラクターだからといって妥協しないで欲しかったというのが、第三者意見です。
極端な話…ですけど、今回のこの判断で確認とってればOKだったかもしれない東京都内のラッピング電車の可能性がひとつ減った…かもしれません(もしもで語るのは良くないですが…。

今回の東京都の景観条例、JR東日本などは(多分)一番最初に許可がおり、その条例ないでデザインをしているのですが、広告部分・塗装部分を巧みに工夫し許可をもらって走らせています(山手線やポケモン新幹線など。
そんなものを見ているせいか、工夫次第で楽しいデザイン、いいデザインは出来るものと思っています。

このドラえもんラッピング電車はとりあえず今月中…とのことですが、条例に対応して再度走って欲しいですよね?小田急さんはどう対処するんだろう。せっかくのミュージアムを盛り上げるモノだけに・・・復活しないかなぁ。

新江ノ島水族館

新江ノ島水族館 -相模湾大水槽
新江ノ島水族館 -相模湾大水槽

行ってきました。

浦安という場所柄、葛西臨海水族園はよく行くのですがこちらは「新」になってからはじめて。

先日サンシャイン水族館がリニューアルオープンしたばかりですが、この水族館も2004年オープン。日本でも比較的新しい設備ということで、展示やイベント、ブランディング(遊びでも忘れない・忘れられない病)など…楽しみに行ってきました。

書きたいことはたくさんあるのですが、中でも一番は上の写真、相模湾の生き物たちを堂々集めた大水槽。
約8,000匹のマイワシの大群を筆頭に、鯛や平目の舞い踊り…といいますか、ものすごい種類の魚たちが1つの水槽で生活している凄さ。割と食物連鎖が作用しそうな魚たちが入っているんですけど、大丈夫なものなんですね…。

大水槽サイド

これが見てのとおり深い…というのもあるんですが、上から最下層まで順をおってみられるように。そしてその途中の岩場の穴も覗けるのですが、泳ぎ着かれた魚たちが休んでいたり、ミノカサゴが逆さまになってくっついていたりと普通の水槽では見られない面白いものが発見できてポイント高い。魚自体は、おなじみの魚たちなので“地味”ですが、いつも何かに追われる様に泳いでいたり、逆に暇すぎて運動不足になっている魚たちをみて心を痛める僕としては、魚のためにも良い設備だな…と思いました。
この中には、5年以上(旧・江ノ島水族館の時から飼育されてる)生きている魚もいるそうですので、それを証明してくれてる…のかな。

この他にも、幻想的なクラゲの展示、イルカとアシカのコラボショーなど、面白い展示がたくさん。
野暮な話ですけど前述の葛西の水族館と比べると入園料はだいぶ高いのですが、その元は余裕でとったと感じられるすばらしさです。

サンゴの仲間?もうすぐ夏休みも終わってしまいますが、水族館で涼をとる…というのもなかなかオツなもの。もうひと遊びしたいなーっと思ったら、新江ノ島水族館へレッツゴー。

UKDesignごあいさつ。

浦安のデザイン事務所 UKデザインごあいさつ

UKDesign’sNoteは、僕が日頃デザインや広告に対して思っていること、考え方を予め知ってもらえる場としてのブログです。
最初に何を書くかな・・・とネタをいくつか考えていたんですが、まず挨拶からだろうと思い直して・・・改めて、自己紹介。
UKDesignの佐藤圭一です。

続きを読む UKDesignごあいさつ。